2018年2月22日木曜日

3S『りんごの木』パートⅡ

さて、前回で触れましたチーム『りんごの木』の名前の由来ですが・・

絶対に不可能と言われた
無農薬、無肥料の完全な自然農法でリンゴを実らせることに成功さ
れた青森のリンゴ農家・木村秋則さんの実話ご存知ですか。

そこには8年間に渡る苦闘の日々・・
6年目の夏万策つき、ついには死に場所を求めていた時、その時でした!

木村さんの目の前に表れたのは誰の力も受けず、ただただ自身の力で
のびのびと育っている草木・・自然の環境でした。

そこから木村さんは『りんごを育てるよりもこの自然の土を育てよう』
と決めたのです。

説明が長くなりましたが、私たちも3Sというやり方方法も大切だけど
それらが本物の風土なる土壌作りの礎となる!と、この名前を決めました。

今では3Sはヴィオーラの大きな柱、軸としてあります。
ヴィオーラりんごの木ロゴ

 

その中にあるチーム『りんごの木』の存在も大きな意味と、使命があるのです。

最後に、この『奇跡のりんご』は多数の書籍化、映画にもなっています。
NHKのプロフェシヨナルでも大きな反響を呼んだとお聞きしました。

皆さんもよろしければ、木村さんに触れてみませんか・・。